スポンサーリンク

「WIND」sample

CHISA MURATA
MIDITOWN
TOMOHIDE IKEYA

2016.

 

 

 

G.Puccini
オペラ「トゥーランドット」第3幕から
リューのアリア
Tu che di gel sei cinta /氷のような姫君の心も

プッチーニが亡くなる前に書いたとされるアリア。
王子に献身的に尽くした召使リューの愛を自刀で表現された場面。

(リューの自刀場面までがプッチーニの作曲、後は補作)

 

写真、映像、音、として作った作品「WIND」の私の声は一部このアリアの歌詞を引用している。

どの部分か?それは私だけの秘密。

 

プッチーニは実生活でも召使が自殺しているそう。男の欲、女の嫉妬、虐め、いつの時代も人間は繰り返すものでしょうか。

愛だけじゃ難しい生き物なんでしょうか。

 

 

と、まとめてみようかと思いましたが、

実際、プッチーニはスランプ時期があったと言われてるけど、召使(深い関係?で奥さんが嫉妬で虐めてた?)の自殺がその時期だったとしたら作曲どころじゃ無い心境だった?とか、アリアの召使リューと実生活の召使を重ねて書いたアリアだったのか?もしそれを奥さんがプッチーニが亡くなった後に知ったとしたら亡き後もどんな気持ちで居たのか?などと考えると恐ろしい。。ですね。 事実は…

当時人気者のスキャンダルはどんな感じだったのでしょうね

 

私はオペラアリアはhappy、明るい歌より、じっとり、暗めの歌が好きです。^^;

 

 

 

「VOICE」sample

 

Danny boy 配信中

いつも、このサイトを見て頂いてありがとうございます😊
シェア・コメント・ブックマーク大歓迎です♪

chisa murata🌱

スポンサーリンク
おすすめの記事